×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恐竜 トリケラトプス




ステゴザウルスと同時に作った、トリケラトプスです。

とりあえずこの二頭は、部品さえ合っていれば、
誰に見せても、一撃でわかってもらえるのが嬉しいです♪

大きさも同じで、草食同士で気があうようなイメージもあり、
何となくこの二頭は、セットで撮ってる事多いですね♪


トリケラ君の正面です。
まっしろしろすけだから、どうも被写体が、
露出オーバー気味でスミマセン。

さて、頭にある盾みたいなのは、顔に一体化していますから、
ちょっと難しそうですが、実はこう言うのこそちりがみ細工は得意です♪

図鑑とか見ながらそれらしく、よじよじと形を整えてると、

おおむね何となく、似たような物が、出来るもんですってばさ♪

途中からちりがみを足したり、切って取ったりも自由ですし、
たぶん他の材料使う方が、子供が“らしく”作るのは難しいと思います。

三本の角は後からつけています。 がおーっ♪


横向きです。とてもシンプルです♪

ほぐしたちりがみを、中に入れ、
外側のちりがみで、包むように作りました。

形が整う程度にしか、テープ使ってませんから、
背中とかは、ちりがみの部分も見えてます。

触るとふかふかして気持ちいいです♪

あ、尾っぽが地面についてないや(笑)

普通のペーパークラフトだと、
直線の面の組み合わせで、作っていきます。

当然、機械や乗り物、建物などの、
線と面のバリエーションで作れる物は、得意なんですが、
不規則な曲面は、どちらかと言うと苦手です。

ところが動物や怪獣などの、生き物の多くは、
曲面の組み合わせなので、ペーパークラフトでは大変です。
リアルにすると、すごく複雑になりますが、
単純化すればどうしても、ぎこちない感じになっちゃうんですよね。

反対に、ちりがみ細工は曲面が得意なんです。
この辺はペーパークラフトと言っても、
実質的には、粘土や砂遊びに近いんですよね♪
ちりがみ工房 TOPページ
  Copyright (C)2007 chirigamikoubou-piisann All Rights Reserved.