×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

動かせる♪アパトサウルス♪




どこぉぉおん☆

 どこぉぉぉん☆

スピノサウルスと、
同時に作った、新型恐竜、
4本足の、アパトサウルスです。

男の子向けですねーっ♪(笑)


アパトサウルスさん
「ちょりーっす♪」
 
人々
「こんにちはーっ♪」
 
って感じで、ご挨拶です♪


アパトサウルスは…
未だにちょっと、言い慣れませんが、
いわゆる、昔ブロントサウルスと、
言われていた、恐竜ですね♪

実は、アパトサウルスと言う恐竜が、
発見されたあとで、
ブロントサウルスが、発見されたのですが、
よくよく調べてみると、
同じ恐竜さん、だったようなのです。

頭下げっ♪

で、先に発見された、アパトサウルスが、
正式名称に、なるわけですが、
なぜかタマタマ、
ブロントサウルスの、名前の方が、
すごーく一般に、知れ渡りまくっちゃった、
…らしいんですね。

で、みんな知らないまま、
ブロントサウルスの名前で、
覚えちゃったと…(^^;;

横です♪\(^▽^)

「ほいっ♪」


私も小さい頃は、ブロントサウルスでしたよー。
私が子供の頃、雷竜(竜脚目)と言えば、
せいぜい、ブロントサウルス、
ブラキオサウルス、ディプロドクスくらいでした。

セイスモサウルスとか、スーパーサウルスとか、
アルゼンチノサウルスとか、
そんな細かいと言うか、ややこしいほどは、
種類知れて、無かったんですよねー。

良い時代っちゃ、良い時代だったのかなあ(笑)

ちなみに、ちりがみアパトサウルスさんは…
やっぱでかい!と言うか、長いです。

ざっと、40センチ強かな?
ブラキオサウルスより、長くて、
これまでの、ちりがみ恐竜で、最長です。

太さは、ブラキオサウルスの方が、ありますが。

色は例によって、適当ですねー(^▽^;;

顔もイマイチ、細部は特徴が、
あるのやら、無いのやらなので…(笑)

あ、首の下に、ぴらぴらしたのが、
ついてる絵が、良くあったので、
セロテープで作った、透明のひらひら膜を、
のどの下に、シワを寄せながら、
タテにつけて、見ました♪\(^▽^

フリル? なんて言うのかな?
ホラあの、餃子の皮の、アレみたいな…(笑)

実際にはそんなもん、
たぶんあったかどうかとか、わかんないです。

たぶんあっても、透明じゃないでしょうが…
気分です♪(笑)

口を、開け気味にして見ました♪

がおーっ☆

スピノサウルス同様、
内骨格式=ちりがみ細工メタルスなので、
普通の、ちりがみ細工より、自由に動き、
動いたポーズのまま、安定させやすいです♪

とは言え、この体型だと、
動かすところって、実質、
首と尻尾くらいしかねーじゃん!(笑)

うおー ぶんぶんっ☆

ちょっと首と尻尾を、上げてみました♪

こーゆーアングルだと、巨大感が無いので、
なんか、ツチノコみたいですなー(^^;;

むりくり、立ち上がらせて、見ました(笑)

立たせられない事はないし、
それなりに迫力は、あるような気もしますが、
実物も、こんな調子では…
立たんかったろうなあ。。。

「がおー… あっ!?
 い いてて!?
 こ…腰が…」 

とかなりそうですね☆ \(^▽^;;;
☆*゚¨゚゚・*☆  作り方は ☆*゚¨゚゚・*☆
o(^-^)o → アパトサウルスの作り方 で♪
ちりがみ工房 TOPページ
  Copyright (C)2007 chirigamikoubou-piisann All Rights Reserved.